「マイクロラーニング」スタディグループのご紹介

「マイクロラーニング」スタディグループ リーダー:上川俊一理事

【趣旨・活動内容】
「Flow of Work再考~マイクロラーニングへのアプローチ」

当スタディグループでは、大きくは「マイクロラーニング」について研究・勉強していきたいと思います。「Learning in the Flow of Work」は、2018年にJosh Bersin氏が提唱した新しい企業内研修のパラダイムで、「マイクロラーニング」という言葉も同時に使われました。業務を行っている中で、何か助けが必要になったときに、2分以下の小さなコンテンツにアクセスし解決していく、という図が挿入されています。

とても魅力的なコンセプトですが、ともすれば「小さなコンテンツ」のイメージが先行し、eラーニングの次世代形のようなとらえ方になっていないでしょうか。

企業にとってのタレント開発の目的の一つは、言うまでもなく競争力の向上にありますが、それだけに、タレント開発→競争力向上のシナリオ構築が常に担当者の悩みの種となります。「Flow of Work」と「マイクロラーニング」への適切なアプローチによって、この悩みが少しでも解決に向かうことを願って本テーマをご提案させていただきます。

【開催要領】
 ◆月1回開催。平日の19時から21時の2時間の会合を予定しています。
 ◆11月から2020年9月まで、10回程度開催します。
 ◆最終的にレポートにまとめ、2020年末のATDジャパンサミットにて発表します。
 ◆会場:原則品川(富士通ラーニングメディアラーニングセンター)で開催いたしますが、途中メンバーからのご提案も受け付けます。
 ◆参加費:無料とします。軽食・飲み物は適宜お持ちください。
 ◆定員:会場の広さの関係で15 人までとします。
 ◆参加は、ATD会員になっていただくことが条件となりますが、第2回までは、非会員参加も受け付けます。

【参加お申込み方法】
 所属組織・役職・氏名と「参加を希望する理由」を、メールでs-kamikawa@atdj.jpまでお送りください。
 人数に限りがあることから、ご希望に添えないことがありますのでご容赦ください。

  • Login

  • 記事カテゴリー