スピーカー紹介とセッション概要:タレントマネジメント委員会

【モデレータ】
石山 恒貴氏 法政大学大学院政策創造研究科教授
Nobutaka Ishiyama Professor of Hosei University Graduate School
             (Hosei Graduate School of Regional Policy Design)
             Board Member, ATD Member Network Japan
pic_js2015_speaker_Nobutaka_01
一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修了、法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。NEC、GEにおいて、一貫して人事労務関係を担当、米系ヘルスケア会社執行役員人事総務部長を経て、現職。人的資源管理と雇用が研究領域。
ATDインターナショナルネットワークジャパン理事、タレントマネジメント委員会委員長。
NPOキャリア権推進ネットワーク研究部会所属。
主要著書に『組織内専門人材のキャリアと学習』(日本生産性本部生産性労働情報センター)、『時間と場所を選ばないパラレルキャリアを始めよう!』ダイヤモンド社、翻訳に『サクセッションプランの基本』(ヒューマンバリュー社)。

【セッション】
タレントマネジメント 日本の実態調査報告

Field Survey Findings on Talent Management in Japan


日本の10数社の実態調査から、日本企業がタレントマネジメントを実施するにあたっての悩み、進め方、タイプ別分析について報告する。
具体的には、
・どのように統合的タレントマネジメントにしていくか
・どの領域から導入すればいいか
・部門の人材抱え込みにどう対処するか
・ITシステムとどのように連携するか 
などを検討する。

  • Login

  • 記事カテゴリー