米国ASTDとは

American Society for Training & Development=米国人材開発機構は、1944年に設立された非営利団体で、米国ヴァージニア州アレクサンドリアに本部を置いています。約100カ国以上の国々に約40,000人の会員(20,000を越える企業や組織の代表を含む)をもつ、訓練・人材開発・パフォーマンスに関する世界最大の会員制組織です。
 
ASTDでは、人材開発、組織開発の分野で、コンファレンスの開催、セミナーの開催、出版、認証などを大規模に行っています。 ASTD国際会議は2007年で54回目を迎え、人的資源開発に関する世界最大の会議&EXPOとして知られています。

米国ASTDサイト(http://www.astd.org)

  

背景・趣向

ASTDには、企業、大学、コンサルタント、トレーニングファーム、教育機関、行政体など幅広い分野から多くの人々が参加し、相互交流を行っており、そこから発信される情報は世界の人材開発・組織開発の向上に貢献しています。
 
海外には、ASTDのネットワークができており、それぞれの地域でコンファレンスや研究会を実施するなどの活動を行っています。
 
日本においては、企業、アカデミィズム、コンサルタント、教育界がそれぞれ独自に、人材開発や組織開発への探求や情報交換を行っています。しかしながら、それらの垣根を越えて広く交流を行うことができる場は少ないのが現状です。
  
そこで、日本にASTDインターナショナルジャパンを設立することで、人材開発・組織開発の世界のネットワークとのつながりを強めるとともに、日本の人材開発や組織開発の未来をよりよくするために、分野や業種の垣根を越えた共創の場を作ります。

  

目的

人の成長に関わる知的ネットワーク社会の実現を支援する

  

米国のe-membership

ASTD会員とそのメリット

日本国内におけるASTDの会員資格はありません。米国のe-Memberに加入していただきます。
国内における研究会活動、勉強会などに参加するためには原則としてこの会員資格取得が必要です。
e-memberには他に次のようなメリットもあります。
・オンラインのT&D Websiteにアクセスが可能です。
・オンラインストアにおいて会員価格でASTDプレスや電子書籍が購入できます。
(他にもState of industry reportなど500ドル程度の資料が無料でダウンロード可能)
・ASTDの会議に割引価格で参加可能です。
(International conference and exposition, TechKnowledge, etc)
その他詳しいメリットはこちらをご参照ください。

http://www.astd.org/membership/reasonsToJoin.htm

  
(年会費)
229ドル〜・・ASTD(US)のWebサイトから直接クレジット決済となります。
(但し国内で年に2回キャンペーンを行い、ディスカウントでお安く入れる時期があります。
通常3月、9月の2回を予定。)
 キャンペーンは新規加入の方だけでなく、更新の方も有効です。
(更新の際には現在の期間にそのまま1年間がプラスされます。)
  
  
申込み手続き

方法
①ASTDホームページからクレジット決済にて直接申し込む
 http://www.astd.org/membership/
 このページの中央あたりの、Click here to Join ASTD をクリックして、
 新規登録の場合:ユーザ情報の生成からスタートします。
 更新の場合:ログインしたまま操作を進めます。

(ディスカウントプロモーションの時期)
決済のときにPROMO CODE(XXXXX-XXXXXX)を入力します。
そうすると、価格表示がディスカウント価格に変わります。
クレジット決済のカード情報を入力して最終手続きすれば完了です。

②銀行振込みの場合の問い合わせ
直接 customercare@astd.org までメールをしてください。
INVOICEが発行され銀行振込みが可能になります。但し国際送金のため4-5千円の
振り込み費用がかかります。

  • Login

  • 記事カテゴリー