• ice2019_top_banner

      2019keynote_2 Seth Godin
    セス・ゴーディン氏
    起業家、ベストセラー作家、講演者
    セス・ゴーディン氏は、世界で最も人気のあるブログの1つを立ち上げることに加えて、The Dip、Linchpin、Purple Cow、Tribes、そしてWhat to Do When It’s Your Turn(And It’s Always Your Turn)を含む18のベストセラーの書籍の執筆者です。マーケティングに関する執筆と講演で有名ですが、SquidooとYoyodyneの2社を設立したことでも知られています。 2013年、彼はわずか3人のプロフェッショナルのうちの1人としてダイレクトマーケティングの殿堂入りを、 2018年5月にはマーケティングの殿堂入りを果たしました。   2019keynote_3 Eric Whitacre
    エリック・ウィテカー氏
    作曲家、指揮者、Deep Fieldクリエイター
    エリック・ウィテカー氏は、革新的なバーチャル合唱団「Deep Field」で、技術的に革新的な音楽のアレンジを作成したことがよく知られています。
    彼のバーチャル合唱団プロジェクトは、ビデオを介してインターネットからの音声を何千もの音声で繋ぎます。
    美しく構成され、そして想像的に練られた彼の作品は、テクノロジーが繋がりを育み、芸術や人間の表現の幅を広げるのに役立つことができるという彼のメッセージを実証しています。
    彼のアルバム「Light&Gold」は、最高の合唱公演でグラミー賞を受賞し、彼のアルバム「Water Night」は、発売当日のiTunes Classical Musicチャートで1位になりました。

    ★カンファレンスでは、以下のトラックに沿って構成された300を超えるセッションが実施されます。
    ○コンテントトラック
    ・キャリア・ディベロップメント(Career Development)
    ・グローバル・パースペクティブ(Global Perspectives)
    ・インストラクショナル・デザイン(Instructional Design)
    ・リーダーシップ・ディベロップメント(Leadership Development)
    ・ラーニング・テクノロジー(Learning Technologies)
    ・ラーニング・メジャーメント&アナリティクス(Learning Measurement & Analytics)
    ・マネジメント(Management)
    ・マネージング・ラーニングファンクション(Managing the Learning Function)
    ・セールス・イネーブルメント(Sales Enablement)
    ・サイエンス・オブ・ラーニング(Science of Learning)
    ・タレント・マネジメント(Talent Management)
    ・トレーニング・デリバリー(Training Delivery)
    ○インダストリートラック
    ・Government(政府機関)
    ・Healthcare(ヘルスケア)
    ・Higher Education(高等教育)

    これらの多様なセッションを通じて、最先端の情報やトップ企業の事例を業界のリーダーから学ぶことができます。

    ★広大な会場で開催される展示会には、400を超える出展社があり最新の製品・サービスを見つけることができます。また、様々なイベントが随所で開催され、沢山の情報とコミュニケーションを得ることができます。

    人材開発・組織開発に関する最新情報が満載の「ASD 2019 ICE」、ぜひご参加をご検討ください。

    【グループ参加特典】
    1 ATD-IMNJグループとしてご参加の場合、参加登録費用がディスカウントされます。
     ・ATDメンバーは$1,325、非メンバーは$1,625にて登録できます。
     ・参加登録費用には、4日間のカンファレンス参加費・展示会入場費が含まれます。
    2 ATD-IMNJグループとして日本からご参加いただいた方を対象に、現地にて情報共有会を
      実施する予定です。
    3 参加登録と同時にメンバーシップを新規登録・更新されると、メンバーシップフィーが
      $20ディスカウントされ、$209→$189になります。
      ◆メンバーになっても、$111お得に参加できます。この機会にぜひご検討ください。
    ◆情報共有会とは◆
    4日間で300を超えるセッションが開催されるため、お一人で全てのセッションを見ることが難しいことから、各日のカンファレンス終了後に参加者の方々が参加したセッションの内容を、情報として日本語で共有する会です。
    ・ATD-IMNJ担当者がファシリテートいたします。
    ・情報共有会への参加費用は必要ございません。
     また自由参加ですので、ご都合に合わせてご参加いただけます。

    【開催日程】 2019年5月19日(日)~22日(水)
    【会 場】  Walter E. Washington Convention Center
    【参加登録方法】
    1 下記メールアドレス(ATD-IMNJ ICE登録専用)まで、参加の意思をご連絡ください。
      atd-ice@ipii.co.jp
    2 グループ参加登録に必要なコードをお知らせしますので、ATD-ICEオフィシャルWebサイト
      にて参加登録を実施してください(英文です)
      ・Webサイト利用登録をされていない場合、登録(無料)が必要です。
      ・オンライン登録の場合、費用の支払いにクレジットカードが必要です。
    3 参加登録完了後、その旨をICEグループ参加事務局までお知らせください。
      ・USへの参加登録手続き上、申し込み時の情報をご提供いただきます。
    4 現地での行動について、資料をお送りします。
    5 現地でお待ちしています!
    【参加登録締切】 2019年4月26日(金) 12:00
    ●上記期日までに、ATD-ICEオフィシャルWebサイトでの参加登録・支払い、
     ICEグループ参加事務局へのご連絡をお済ませください。

    ・開催プログラム・スケジュールは予告無く変更される場合があります。
    ・基本的に現地集合・現地解散になります。
    ・基調講演と主要なセッションは同時通訳(日本語・韓国語・中国語)があります。
     同時通訳を利用するには別途費用($345:予定)が必要です。
    ・往復の交通手段、宿泊先の確保、またそれらに係る費用、現地での食費・交通費、
     その他個人的な費用については、各自ご手配・ご負担ください。

    T&Dコンピテンシー委員会一同

  • 2019年も皆様に人材開発・組織開発に関するエッジの効いた最新情報をお届けすべく、
    いろいろと企画中ですが、その第1弾として、毎年恒例の新年交流会を開催いたします!

    IMG_6665 IMG_5441

    2019年初のイベントとなる新年交流会では、ATD-IMNJ設立11年目を節目とした
    新しい活動内容のご紹介と、2018年オランダにて開催されたEU Summitや
    APC(アジア太平洋大会)からみるLearningのトレンドについて、ダイジェスト版の
    報告を予定しております。
    皆様のネットワーキング懇親会も兼ねて盛り上がっていきたいと思いますので、
    皆様のご参加をお待ちしております。

    IMG_7707
    ◆画像は2018年開催時のものです。

    日 時:2019年1月29日(火) 18:00〜20:00(17:45入場開始)
    場 所:パークサイドタブレス
        東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル2F
        https://www.parksidetables.com/
    会 費:5,000円(税込/ビュッフェ・ドリンク飲み放題込)

    ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
    【プログラム(予定)】
    ・ATD-IMNJ 設立11年目の新しい活動について
    ・ATD2018-EU Summit報告
    ・ATD2018-APC報告
    ・懇親会
    ・ATD2019 ICEのご案内(グループ参加について)
    ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

    【申し込み方法】
    astd-reg@ipii.co.jpまで以下の内容を記載の上メールにてお申し込みください。
    会費は、受付後にご送付する確認メールでお知らせするお振込先にお振込みください。
    なお、振込手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

    件名:ATD新年交流会申し込み
    記載情報:氏名・会社名・住所・電話番号・メールアドレス
         お振込予定日・領収書の要不要(必要な場合は宛名)
         その他連絡事項等

    【申込み〆切】 2019年1月24日(木)
    ※1月25日以降のキャンセルは、キャンセル料として3,000円を申し受けますので、
     ご了承の程よろしくお願いいたします。

    今回も皆様と有意義な時間を過ごせることを楽しみにしております。

  • 「ATDラーニングファシリテーション研究会」は、ラーニングファシリテーションについて参加者相互に経験を持ち寄り、そのコンセプトの理解や方法論をひもといていく場です。これまで過去5回開催してまいりましたが、このたび第6回の開催を下記日程にて計画しております。
    この会は、誰か特定の幹事や進行役がアジェンダを決めて進めていくのではなく、参加者全員が異なるテーマを扱うグループに分かれて、グループごとに研究発表を行っていただく形を取っています。担当グループの方々にとって、研究発表はラーニングファシリテーションを実践する場となるわけです。
    第6期は、第5期で深めた実践面中心の内容をさらに進めるとともに、ファシリテーションの実践道場的な場も検討していきます。
    どうぞふるってご参加ください。

    ATD International Member Network Japan
    ATD-LF研究会 幹事 平井 豊康

    【参加対象者】
    ・現在何らかの形で教育に関わっている方(インストラクター、教育設計者など)
    ・ファシリテーターを生業とされている方
    ・これからファシリテーションを学ぼうと思っている方

    【開催日時】
    第1回:10月15日(月) ラーニングファシリテーション概論
                研究のやりかた検討、グループ分け
    第2回:2018年11月7日(水) 研究内容検討
    第3回:2018年12月6日(木) 研究発表会(第1グループ)
    第4回:2019年1月10日(木) 研究発表会(第2グループ)
    第5回:2019年2月5日 (火) 研究発表会(第3グループ)
    第6回:2019年2月27日(水) 研究発表会(第4グループ)
    最終回:2019年3月14日(木) 今期の研究総括、まとめ、報告会について

    ◆参加費 :5,000円(全7回)最初に一括納入。場所、飲み物、事務費用などに充当。
    ◆参加資格:特に無し(ATDのメンバーシップをお持ちでない方もご参加いただけます)
    ◆会 場 :株式会社IPイノベーションズ(千代田区・神田錦町)
    ◆申し込み期間と方法:
    以下の事項を記入してメールでお申し込みください
     ・お名前、所属(会社や組織名)、役職、住所、電話番号、メールアドレス
     ・お仕事の内容について簡単に概要紹介、本研究会で学びたいこと
    申込先:事務局 中島(miake@dance.plala.or.jp)

    以 上

  • 先週末の金曜(15日)と土曜(16日)に、株式会社人財ラボのLearning Labで毎年恒例のATD-ICE報告会が開催されました。

    今回も沢山の方にご参加いただき、いくつかのトラックは満席となる盛況となりました。
    ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございます。

    IMG_0850

    2日間フルでご参加いただくと6トラック・18セッション、16時間を超えるこの報告会、実は本家ICEにも匹敵する情報量を提供しています。
    ICEに実際に参加した理事・執行役や委員会・研究会メンバーが、ご自分の参加した複数のセッション内容をサマライズして共有しますので、日本に居ながらしてICEが擬似体験できる「濃い」情報の宝庫なのです。

    IMG_5949 IMG_7831 IMG_7502 IMG_3112

    IMG_6209 IMG_3478 IMG_7702 IMG_5005

    IMG_3703 IMG_4176 IMG_1387 IMG_2853

    IMG_6571 IMG_9454 2 IMG_3723 IMG_2621

    ディスカッションなどの参加者を巻き込んでのセッションもありました。
    皆様、笑顔で議論し合っていらっしゃいました。

    IMG_4176

    来年2019年のICEは、5月19日(日)から22日(水)にワシントンD.C.で開催されます。
    報告会での情報共有はもちろん、本家ICEへご参加いただき、最新の人材開発のトレンドを肌で感じてみてください。

    では、来年はワシントンD.C.でお会いしましょう!

  • ATD-IMNJ関西チャプターの2018年度例会の日程が決定いたしました。
    最新の情報が得られる貴重な機会ですので、ぜひお越しください。

    【開催概要】
    第1回:2018年6月26日(火) テーマ:ATD2018-ICE報告会
    第2回:2018年8月20日(月) テーマ:未定
    第3回:2018年10月22日(月) テーマ:未定
    第4回:2018年12月20日(木) テーマ:2018JAPAN SUMMITについて
    第5回:2019年2月 日程・テーマは未定
    第6回:2019年3月5日(火) テーマ:ATD2019-ICEについて

    【場所・時間】
    時 間:各回とも19:00~21:00
    ・第4回のみ18:30~20:00 その後忘年会を予定
    場 所:株式会社リリオール
        京都市下京区東塩小路町607辰巳ビル3F
        電話:075-343-0539

    【費 用】一般:3,000円・ATDメンバー:2,500円
        ・各回ごと、税込です。当日現金でお支払いください
        ・第4回開催後の忘年会は別途費用を申し受けます

    ◆お申し込み・お問い合わせは
        ATD-IMNJ関西チャプター事務局 花谷 滋康(ハナタニ シゲヤス)
         hanatani@liliaul.com

  • 長くASTD(American Society for Training & Development)として活動をして参りましたが、トレーニングにおいて次の一歩を踏み出すために名称をATD(Association for Talent Development)変更致します。

    logo_block-FIN

    公式ブランドページ(日本語) ⇒ http://www.astdnews.org/japanese.html

  • 書籍「ASTDグローバル・ベーシック・シリーズ」の発行を通じて、ASTDの活動を推進している取り組みが評価され、株式会社ヒューマンバリューが日本の人事部「HRアワード2013」プロフェッショナル教育・研修部門において、優秀賞を受賞しました。

    日本における組織変革・人材開発の質の向上に貢献するというミッションのもと、この取り組みを通じて、米国を中心とする企業で使われている人事・人材開発の言葉や概念を翻訳し、素早く日本に紹介しています。

    ASTDグローバル・ベーシック・シリーズは、現在6冊が翻訳、出版されています。

    Astd-TBS_6Books(HV)

  • CPLP取得者が誕生しましたので、ご紹介致します。

    [CPLP取得者]
    森本 太郎氏(NECラーニング株式会社 マネジメント研修事業部 エキスパート)

    [プロフィール]
    十数年間、基幹システム構築のエンジニアとして活躍後、ボストン及びシンガポールに赴任し
    コンサルティングを行う。独SAP社製品のインストラクションは9年以上行っており
    「今まで受けたSAPトレーニングで最高の講師」と高評を頂く。中国におけるERPパッケージ教育、
    インドにおける若手向けシステム構築研修、ベトナム人SE向け日本商習慣研修、
    英語コミュニケーションテスト「OPIc」の拡販等、グローバル人材の育成を担当している。

    [コメント]
    今般、CPLPを取得致しました。最近の日本在住の受験者で、合格者はいないとお聞きしており、
    大変嬉しく思います。もちろん、これは多くの方のご支援と助言がなければ到底不可能でした。
    この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。
     ビジネスもグローバリゼーションも、そのスピードは加速する一方です。それはすなわち、
    ビジネスを支える人材の育成にもより高いレベルが求められることを意味します。
    従って私たち人材育成に携わる者は、CPLP取得を始めとした様々な研さんを重ね、
    お客様の求める人材の育成とゴールの達成に寄与すべきだと考えます。
      まだ先は長いものの、今回まずその第一歩が踏み出せたと思います。
    習得した知識を生かし、ASTD  GNJの皆様と共に、人材育成の各方面でグローバルに
    活躍していきたいと考えております。
    今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

  • ASTDリーダーシップ開発委員会の2008年度活動報告と2009年度活動方向を公開致しました。
    それぞれ一般公開資料と会員限定公開資料がありますので、閲覧ください。

    [2008年度ASTDリーダシップ開発委員会活動報告資料]
    一般公開資料 ⇒2008年度ASTDジャパンリーダーシップ開発委員会報告書(一般用)
    会員公開資料 ⇒2008年度ASTDジャパンリーダーシップ開発委員会報告書(会員用)

    [2009年度ASTDリーダシップ開発委員会活動報告資料]
    一般公開資料 ⇒2009年リーダーシップ開発委員会活動報告書(一般用)
    会員公開資料 ⇒2009年リーダーシップ開発委員会活動報告書(会員用)

  • Login

  • 記事カテゴリー