第5期ラーニングファシリテーション研究会 開催報告と、報告会開催のご案内

去る2017年10月~2018年3月の5ヶ月間、第5期ラーニングファシリテーション研究会が開催されました。
研究会では22名の参加メンバーが下記のような4グループに分かれ、それぞれの研究を展開いたしました。

第1回(2017年10月24日開催):キックオフ・テーマ決め・グループ分け
第2回(2017年11月22日開催):グループ検討
第3回(2017年12月21日開催) 担当:第1グループ

 テーマ:「ラーニングファシリテーション×OD(組織開発)」
   *ラーニングファシリテーションとODの関係性
   *事例検討
第4回2018年1月18日開催)担当:第2グループ
 テーマ:「バーチャルラーニングの進化」
  *ATDにおけるバーチャルラーニングの変遷
  *ZOOM、UMUの活用と実際の研修事例
  *研修のオンライン化事例検討
第5回(2018年2月14日開催)担当:第3グループ
 テーマ:「加速学習(Accelerated Learning)の効果的な導入」
   *なぜ今加速学習?加速学習とは?
   *加速学習の実践事例
   *加速学習の体験(アクティビティ)
第6回(2018年3月7日開催)担当:第4グループ
 テーマ:「学習促進のための仕掛け」
   *学習促進のための「仕掛け」とは?
   *「仕掛け」アイデアの共有
   *具体的な仕掛けを考えてみる
第7回(2018年3月22日開催)研究のまとめ

以上のように、第5期では、ラーニングファシリテーションをさらに実践面から深める場となりました。

この第5期研究会での研究・考察してきた内容を報告し、またお集まりいただいたみなさんととともに、「ラーニングファシリテーション」への考察を深めていく報告会を、下記の要領にて開催いたします。

開催日: 2018年8月31日(金)13:00~17:30
会 場: 株式会社IPイノベーションズ 研修室(千代田区神田錦町)
内 容: 
[1]あいさつ
[2]第5期研究会研究報告とディスカッション
テーマ:ラーニングファシリテーションの「why」「what」「how」
私たちは研究会参加を通して、ラーニングファシリテーションについて考察し、情報を交換し合うとともに、その中でお互いの学びあいを体感してきました。
この研究会はまさに「体験学習」の実践・体感の場であり、この経験がすなわち私たちがファシリテーターとして学びの場に提供・実践したいことでもありました。
そこで今回の報告会では、「ラーニングファシリテーションとは何か、何を私たちは実践してきたのか」といった、参加者個々人の学びの実践にフォーカスし、そこからラーニングファシリテーションの「why」「what」「how」をあぶりだして、報告会におけるさらなる「学びあい=経験学習」をひきだしていきたいと思います。
[3]まとめ    
参加料: 3,000円 (当日会場にてお支払いください)
参加申込・お問い合わせ先:(中島: miake@dance.plala.or.jp 090-4739-4363)

  • Login

  • 記事カテゴリー